トップページ > 人材育成支援 > 品質確保 > コンクリートの品質確保 > コンクリートの臨時受け入れ検査の実施

人材育成支援

品質確保-コンクリートの品質確保

コンクリートの臨時受け入れ検査の実施

 近年、コンクリート構造物は施設の老朽化に伴い、予防保全による長寿命化が求められている中、
良質なコンクリート構造物を造ることが求められています。
 東北技術事務所では東北地方整備局管内のコンクリート打設現場にて、監督職員からの依頼を受けて 生コンクリートの臨時受け入れ検査を実施しており、コンクリート構造物の品質確保に向けて人材の育成・支援を取り組んでいます。

コンクリートの臨時受け入れ検査の実施状況


 現場にてスランプ、空気量、塩化物量、単位水量について受入検査を行います。
 過去に不合格となったプラントがあれば、フォローアップ調査を行って改善状況を確認します。



コンクリート構造物の品質向上にむけて

 受入検査で不合格になる要因としては主に次のようなものがあります。

  •  1)骨材の切り替わり(貯蔵ビンとサイロ)と表面水補正のタイミングのズレ
  •  2)試料採取時における粗・細骨材及びモルタルの割合の不均一による結果のズレ
  •  3)運搬時のロスが見込みどおりでない(運搬時間、待機時間が想定を外れている)
  •  4)混和剤(高性能AE減水剤、増粘剤等)の効果が発現するタイミングのズレ
  •  5)ドラム内の洗浄水が残っている可能性がある
  •  6)ワーカビリティーを優先させ、加水した可能性がある


不合格となった理由を分析し、現場へフィードバックすることで、工事関係者の
品質確保技術の向上やコンクリートの品質向上に繋げます。


事例紹介(好事例・アンケート調査結果 等)

 東北技術事務所が実施する【コンクリート受入検査】の概要やコンクリート品質確保 に関する好事例現場の取り組みを紹介いたします。

・コンクリート受入検査【概要】
・アンケート調査結果 ~現場担当者からの“声”~
・H26好事例:【(株)瀬崎組 新井田川橋下部工工事】
・H27好事例:【(株)奥村組 一関遊水地大林排水施設躯体工事】