阿武隈川下流河川維持管理計画(案)

本計画(案)は、平成23年5月に策定された「国土交通省河川砂防技術基準維持管理編(河川編)」に基づき、名取川における河川の区間区分、河川や地域の特性に応じた河川維持管理の目標、河川の状態把握の手法、頻度等、及び具体的な維持管理対策を定めたものである。
本計画の対象期間は概ね5年間としているが、河川や河川管理施設の状況変化、河川維持管理の実績、社会経済情勢の変化等に応じて適宜見直しを行うものである。
河川の維持管理は、河道や施設の状態を把握して、その結果に応じて必要な対策を実施することが基本となるが、状態の把握結果の分析や評価には確立された手法等がない場合が多い。このため、状態把握・分析・評価・維持管理の実施(改善)を繰り返す中で、さらなる内容の充実を図っていく必要があり、河川維持管理対策の実施基準についても、維持管理の実績や工学的な知見をふまえながら、今後、定量化に努めていくものとする。

このページのトップへ