掘り返し規制情報

道路上での頻繁な工事は道路交通の障害となったり、道路損傷の原因となるため舗装工事完了後は一定期間(セメントコンクリート舗装については概ね5年、アスファルトコンクリート舗装については概ね3年)当該箇所の掘り返しを抑制しております。
このためその期間内における地下埋設工事等道路の掘り返しを伴う工事はやむを得ない場合をのぞき規制されます。
路線毎の掘り返し規制情報は下記路線名をクリックしてください。また、詳細についての情報を必要とされる方はその区間を担当する各国道維持出張所へおたずねください。

このページのトップへ