冬期通行注意のお願い

1.お出かけ前には、気象情報・道路情報を確認しましょう。

2.山間部では気象情報にかかわらず、思いもよらない降雪となることもありますので、特に注意が必要です。

3.高速道路をはじめとする幹線道路では、わずか1台の立ち往生車両が、長時間の渋滞や通行止めに繋がる可能性があります。

4. ノーマルタイヤでの雪道走行は、罰則対象です。

  罰 金:5万円以下(道路交通法第71条第6号)

  反則金:大型車7千円/普通車6千円

  ○宮城県道路交通規則 第14条(1)

積雪又は凍結のため、滑るおそれのある道路において、タイヤに鎖又は全車輪に滑り止めの性能を有するタイヤ (設置面の突出部が50パーセント以上磨耗していないものに限る。)を取り付けるなど滑り止めの方法を講じないで、 三輪以上の自動車(側道付き二輪の自動車及び小型特殊自動車を除く。)を運転しないこと。

5.大型車両はダブルタイヤ用チェーンの装着を。

 ・大型車が走行不能になると、事故や渋滞を引き起こす要因となります。

6.凍結抑制剤は万能ではありません。

 ・急な坂道など限定した場所に散布しています。

 ・朝夕の通勤時間帯前を目標に散布しています。

 ・時間の経過や気温の低下に伴い凍結抑制効果は低下します。

7.積雪・凍結路面では、心と時間、車間距離の余裕が必要です。スピードを控え、ゆとりある運転を心掛けましょう。

冬道情報

冬期通行障害マップ

国道47号と国道48号について、通行障害マップを作成しました。必ず冬タイヤを装着し大型車はタイヤチェーンを装着して通行しましょう。

冬道情報チラシ

冬道情報チラシ
冬道情報チラシ

冬道情報チラシ

← 画像クリックでPDFファイルが開きます:963KB

ドライバー・住民の皆様

知っておきたい冬道運転心得

このページのトップへ