本文へスキップ

もろびの里の安全・安心・快適づくり。

電話でのお問い合わせは0186-60-7231

〒018-4512 秋田県北秋田市根森田字姫ヶ岱31

ダム管理支所ブログaccess

2017年10月18日(水)
秋の味覚

先日、ダム見学会でご案内をしているとき、道路脇にアケビが落ちていました。
残念ながら中身はすでに食べられたあとだったのですが、あたりをよく見回してみると山の上にアケビの実がたわわに実っていましたよ。高いところにあったため、眺めるだけでしたが秋の深まりを感じたひとときでした。

2017年10月16日(月)
森吉四季美湖 紅葉まつりが開催されました

昨日15日(日)森吉四季美湖 紅葉まつりと、カナディアンカヌートライアスロン&デュアスロン大会が開催され、盛況の中で閉幕しました。

開会式では、加藤寿実行委員長が「森吉山麓は日本有数のアウトドアエリアなので、全国へアピールしてアウトドアの聖地として広めていきたい」とあいさつがありました。その後は、ダム探検隊やダム堤体のぼり、カヌー体験、ステージイベントと秋晴れの中、来場者の皆さんは様々な体験を笑顔で楽しまれていました。

写真は、カナディアンカヌートライアスロンに参加した大学生ペアのゴールの瞬間です。大学祭と日程が重なっていたが、こちらを優先してきたとのこと!カヌー2km、自転車26km、ラン6kmを約2時間半で駆け抜けました!

来年もぜひ参加してくださいね!

2017年10月13日(金)
みちのくダム湖サミット閉幕

10月12日(木)みちのくダム湖サミット in 森吉山ダムが北秋田市で開催され、約300名が集いました。
森吉山ダムの他、各地で行われているダムを活かした水源地域活性化に関する取組み事例や、今後、更に活力ある水源地域を創出するための情報共有をし、「ダムの効果と水源地域の活用」をテーマにパネルディスカッションが行われました。その後、来年度開催される四十四田ダムのある盛岡市へ無事バトンが渡され、ダム湖サミットin森吉山は閉幕となりました。

2017年10月12日(木)
紅葉色づき始め!そして本日はいよいよ

森吉山の頂上付近では見頃を迎えている秋の紅葉ですが、ダム周辺ではようやく色づき始めといった状況です。
週末の紅葉まつりまでに、もっと鮮やかになることを願っています。

そして、本日はみちのくダム湖サミットin森吉山ダムが開催されます。会場は北秋田市民ふれあいプラザ コムコムです。時間は13時30分から。
本サミットは、一般の皆様方や関係機関の方々が、各地で行われているダムを活かした水源地域活性化に関する取組み事例や、今後、更に活力ある水源地域を創出するための情報を共有する絶好の機会となります。
森川 幹夫(もりかわ みきお)国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課長をお招きして基調講演をいただくほか、加藤 寿(かとう ひさし)森吉山ダム水源地域ビジョン実行委員会 委員長 による活動報告、また、コーディネーターに濱田 純(はまだ じゅん)秋田大学北秋田分校長 をお迎えしてのパネルディスカッションを行います。
ぜひ、みなさまお誘い合わせの上、ご来場ください。 (入場は無料です) 

2017年10月11日(水)
森吉山ダムによる洪水調節について

森吉山ダムは、豪雨の際に下流の被害軽減・防止を図るため、洪水調節を行っています。
(洪水調節とは・・・大雨などにより流入量が一定を上回った場合、下流に大きな影響を与えないように、ダムに貯めながら下流河川へ流すことです。ダムへ貯め込む量は、状況により異なります。)

今年度も森吉山ダムでは7月16日、22〜23日、8月24〜25日に計4回の洪水調節を行い、下流河川における洪水被害の防止及び軽減に努めました。
洪水調節の実施状況については、以下のページにPDF資料がありますので、ご覧ください。
http://www.thr.mlit.go.jp/noshiro/kasen/moriyoshi/dam_choryukouka.html

※数値については速報値であり、今後修正となる場合があります。

2017年10月10日(火)
10月10日 ダム見学会

本日、秋田北鷹高校の1年生29名がダム見学に訪れてくれました。
森吉山ダムの構造や、社会的役割について学習することを目的として、約1時間の見学案内を真剣に聞いてメモをとってくれていました。
最後に生徒を代表して「今日学んだことを、これからの学習に活かしていきたいです」と感想を話してくれました。

2017年10月6日(金)
10月15日(日)紅葉まつりに向けて一致団結

10月5日(木)第3回 森吉山ダム水源地域ビジョン実行委員会が開催されました。
紅葉まつりの開催まであと9日となり、各イベントの最終確認や当日までに行わなければならないこと等を討議しました。
加藤寿実行委員長は「開催まで残り僅かで課題はまだまだありますが、知恵とチームワークで乗り越えていきましょう」と抱負を話されていました。

2017年10月5日(木)
ダムの地下80mへ続く道

ダム監査廊の最深部へ行くためには、通常エレベーターで地下60mまで降りて、そこから階段とスロープでさらに20m下へ進みます。
ダム堤体に沿って監査廊が続いているので、先が見えないほど長い長い道があり、毎週木曜日には監査廊全体の点検も行っているため、この長い道は必ず通っています。
ダム見学でもお申し込みの際に、長い監査廊を歩きたい等のご希望を記入いただければ、ご案内することも可能ですので、お気軽にお申し込みください!

2017年10月3日(火)
貴重な森吉牛の認定シール

ダム広報館内「喫茶ねもりだ」では土日祝限定で森吉山ダムカレーが好評販売中です。
年間の出荷頭数が100頭に満たないほど貴重な森吉牛が使用されています。そのお肉には、上写真の認定シールが貼られていました。国指定天然記念物のクマゲラとともに、森吉を代表する名物牛をぜひ一度ご賞味ください!

2017年10月2日(月)
ダム広報館での展示情報

9月28日(木)〜11月9日(木)まで森吉山ダム広報館内で
もりよし写真クラブの皆さんによる四季の写真展が開催中です。

四季美湖の風景をはじめ、森吉山周辺の四季折々の姿が美しく映し出されています。森吉山の紅葉も山頂付近から色づいてきますので、10月の行楽シーズンご家族そろってお越しください^^!

【過去のブログ記事はこちらです】
■最新へ戻る
■2017年9月
■2017年8月
■2017年7月
■2017年6月
■2017年5月

■2017年4月

■2015年9月〜2017年1月まで



森吉山ダム広報館
北秋田市観光情報 あきた北ナビ
トップ
データ管理センターダム事典 (日本ダム協会)
国土計画