三陸沿岸道路利活用戦略会議(宮城県)

 三陸沿岸道路は、東日本大震災からの復興のリーディングプロジェクトとして整備が進められ、震災から 10 年となる、2021 年 3 月に宮城県内の全線開通を果たしました。

 

異例のスピードで全線開通した三陸沿岸道路を、地域活性化の起爆剤とし、三陸沿岸エリア全体 としての更なる地域活性化につなげることを目的として、国・県・沿線12市町※の関係者による、「三陸沿岸道路利活用戦略会議(宮城県)」を令和 3 年 6 月 16 日に立ち上げました。

※仙台市、石巻市、塩竃市、気仙沼市、多賀城市、登米市、栗原市、東松島市、松島町、利府町、 女川町、南三陸町

会議内容

○三陸沿岸道路を活用した地域活性化策の検討  

・三陸沿岸道路の開通を契機として、沿線自治体でタッグを組んだスケールメリットを活かした地域活性化施策について検討します。

・三陸沿岸道路がつながったことによる、市町の通過による交流人口の減少を防ぐため、立ち寄り促進策を検討します。

○三陸沿岸道路の整備効果や地域で抱えている課題を共有することで、整備効果を最大限に発揮することを目指します。

 設立趣意書

 規約

 構成員

開催状況

■令和3年度


■このページの掲載内容に関するお問い合わせ

 問い合わせ先 TEL 022-248-0048(調査第二課)

このページのトップへ