復興道路TOP >  事業のスタートダッシュに向けて

概要

事業のスタートダッシュに向けて

 「復興道路・復興支援道路」が、被災地の1日も早い復興と、被災された地域の方々に明日への前向きな力が戻ることを祈念し、青森、岩手、宮城、福島の4県で「復興道路着工式」を開催しました。また、事業のスタートダッシュと1日も早い完成を目指して、岩手、宮城、福島の3県で「復興道路会議」を開催しました。


  • ▲岩手:鍬入れ

  • ▲岩手:トンネル掘削機稼働

  • ▲宮城:鍬入れ

  • ▲福島:鍬入れ

  • ▲青森:鍬入れ

 「復興道路・復興支援道路」は、地域からも早期完成が強く求められているが、これまでに経験したことのない大規模プロジェクトであり、早期事業完成のためには、全ての関係者に対する事業進捗への合意形成と、関係機関が連携して課題解決することが必要不可欠である。

 復興道路会議では「事業のボリュームが大きく、関係機関が総力を挙げて取り組む必要がある」、「犠牲になられた多くの方に報いるためにも、1日も早く全線開通を」などの意見があり、官・民が整備促進に向けて、一致団結を図ったものである。

〔復興道路会議の構成員〕

県知事、東日本大震災復興対策本部現地対策本部長(現 復興大臣政務官)、関係市町村長、地元経済界代表、報道関係代表、東日本高速道路(株)東北支社長、国土交通省東北地方整備局長


  • ▲復興道路会議~岩手県~(達増知事)

  • ▲復興道路会議~宮城県~(村井知事)

  • ▲復興道路会議~福島県~(佐藤知事)

  • ▲会議の状況(福島県)

  • ▲中心杭設置式の様子
    (岩手県宮古市長)

  • ▲中心杭設置式の様子
    (福島県相馬市長)

がんばろう!東北