山形河川国道事務所 IRサイト

山形河川国道事務所

平成28年度の活動

名称 日時/場所
道路付属物、溝橋総合研修(点検研修) 平成28年11月29日/一般国道112号(寒河江市)
橋梁補修工法(PC桁)研修 平成28年10月26日,27日/国道112号 新熊野川橋(寒河江市)
橋梁長寿命化総合研修 平成28年9月27日/山形会場
平成28年9月28日/寒河江会場
若手職員の育成研修 平成28年9月23日/一般国道113号杉立沢橋(小国町)
高校生の現場見学/学習 平成28年6月17日/一般国道13号大野目高架橋(山形市)
橋梁点検の体験講座の開催 平成28年6月11日/一般国道287号谷地橋(河北町)
山形県サーベイコンテスト(高校生ものづくりコンテスト測量部門)参画 平成28年6月8日/山形県総合運動公園(天童市)

道路付属物、溝橋総合研修(点検研修)

国、県、市町村の職員で橋梁やトンネルなどの大規模な施設以外の「道路標識」や「照明灯」などの『道路付属物』と『溝橋』の点検研修を寒河江市内の国道112号及び県道で行いました。

実施日:
平成28年11月29日(火)
場所:
国道112号及び県道(寒河江市)
内容:
点検のポイントや資料整理、損傷の判断などの座学と腐食や亀裂、ボルトのゆるみ、損傷度判断、原因について現地研修。

高所作業車で道路標識の腐食・亀裂、ボルト締付状況を点検

点検様式を用い溝橋の点検のポイントを現地で確認

橋梁補修工法(PC桁)研修

橋梁損傷箇所を補修する工事現場で、国、県、市町村の職員の技術力向上を図る現地研修を行いました。

実施日:
平成28年10月26日(水)、10月27日(木)
場所:
一般国道112号新熊野川橋(寒河江市)
内容:
PCケーブル腐食対策補修事例、PCグラウト空げき補修、既存のPC鋼材腐食補修に新工法のPC桁長寿命化を図る工法を学習。

模型による工法学習

施工方法研修

橋梁長寿命化総合研修

国、県、市町村の職員及びコンサルタント技術者の技術力向上を目的に『橋梁長寿命化総合研修』を行っています。点検のポイント、損傷要因を学ぶ橋梁点検の研修を行いました。

実施:
平成28年9月27日(火)、山形会場(実地研修:天童大橋)
平成28年9月28日(水)、寒河江会場(実地研修:長崎大橋)
内容:
点検のポイントや資料整理、損傷の判断などの座学と鉄筋探査や塩化物測定を実施し、損傷度の診断判定を学ぶ現地研修。

鉄筋探査方法の受講

橋梁点検学習

若手職員の育成研修

山形河川国道事務所の入省から2〜5年の若手職員に道路橋の老朽化状況や点検方法、損傷のメカニズムを学ぶため橋梁点検研修を行いました。

実施日:
平成28年9月13日(火)
場所:
一般国道113号杉立沢橋(小国町)
内容:
若手職員の点検のポイントを点検車に搭乗した点検実地研修。

搭乗前に点検ポイントを確認

点検車による実地研修

高校生の現場見学/学習

工業高等学校の現場見学に道路施設の予防保全をとり入れ、施設のメンテナンスの重要性を学んでもらいました。

実施日:
平成28年6月17日(金)
場所:
一般国道13号 大野目高架橋(山形市)
内容:
コンクリート損傷供試体による打音体験(構造物の疑似点検体験)、点検車に搭乗して橋の床版のひび割れ計測、支承まわりの点検を体験。

クラックスケールでひび割れを計測

点検車に搭乗して支承まわりを点検

橋梁点検の体験講座の開催

道路を守る仕事を小学生が参加する「最上川200kmを歩く」への参加協力し、『橋を守るため欠かせない点検作業に挑戦、安全確認の大切さ、苦労』を実感してもらいました。

実施日:
平成28年6月11日(土)
場所:
一般国道287号 谷地橋(河北町)
内容:
コンクリート損傷供試体による打音体験(構造物の疑似点検体験)、点検車に搭乗して橋の床版の打音検査を体験。

打音体験

点検車に搭乗して打音検査を体験

山形県サーベイコンテスト(高校生ものづくりコンテスト測量部門)参画

山形県総合運動公園で開催された「山形県サーベイコンテスト」で、山形県の将来の担い手となる土木系の高校生を対象にパネル展示と施設点検を体験をしてもらい、『道路施設老朽化の現状と対応策』を知ってもらいました。

実施日:
平成28年6月8日(水)
場所:
山形県総合運動公園(天童市)
内容:
コンクリート損傷供試体による打音体験(構造物の疑似点検体験)、道路施設老朽化パネル展、点検車の搭乗体験。

老朽化パネル展示・メンテナンスサイクル等について説明

打音体験