1. ホーム
  2. 道路
  3. 東北中央自動車道の利活用促進による地域活性化協議会

道路 東北中央自動車道の利活用促進による地域活性化協議会

 東北中央自動車道は、常磐自動車道と東北横断自動車道釜石秋田線を結ぶ約268km の自動車専用道路であり、福島県県北地域、山形県内陸部、秋田県県南地域相互の高規格道路網を形成するものです。
 本道路によって、福島県、山形県、秋田県、さらには関東圏等との連携を強化する新たな広域ネットワークが構築され、立地競争力の強化や、民間投資の誘発による需要の拡大などのストック効果、生産性の向上に大きな役割を果たすことが期待されます。
 このため、経済・観光振興等東北中央自動車道の利活用促進に向けた取組みについて、関係者が一体となって議論するとともに、東北中央自動車道の整備効果を最大限に活かした地域づくりの推進を図ることを目的に、「東北中央自動車道の利活用促進による地域活性化協議会」を設立しました。

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

  • 道路のライブカメラ
  • 河川のライブカメラ

このページの先頭へ戻る