データで見るコンパクトシティの必要性


都市の歴史、文化の消失
 
 前項でも示したとおり我が国の都市は、膨張する人口あるいは産業をどちらかというと都市の周辺部に広げる形で発展してきました。
 そのことによって、経済も活性化し、都市活動も活発化してきたわけですが、その一方で日本全国どこでも見かける風景を都市の周辺部や郊外部につくってしまいました。その背景には質より量の経済効率優先の方針、流通の発達や情報の共有化の進展、無秩序な都市開発を制御するために導入した開発許可制度が全国一律の内容であったことがあげられます。
 さらに、郊外化の進展とともに都心部が衰退し、古くから都心部にあった歴史的遺産や人々の生活、娯楽、交流が生み出してきたいわばその都市の「顔」たる都市文化が、コミニュティの崩壊、「まつり」の担い手の減少、「市(いち)」の廃止、その街の情緒を残した歴史的遺産の廃棄などによって消失してしまうことが懸念されています。
都市の歴史的遺産(秋田市:赤れんが郷土館
都市の歴史的遺産(山形市:旧済正館)
「市」(盛岡市:神子田朝市)
「祭り」(盛岡市:秋祭り山車)