第1回応募状況紹介
Topへ戻る。 ジャンルで探す。 地域で探す。 言葉で探す。(五十音順)

最上川電子大事典について | サイトマップ | 用語解説 | リンク集
置賜地方にすむトンボ(40種)の紹介と水辺の環境の大切さ
 トンボが生息するには、きれいな水や水草、エサをとるための藪や林など、豊かな環境が必要です。県内でこれまで記録されているトンボは約80種類(現在では約60種類)。このビデオテープでは米沢近辺で生息している約50種類のトンボのうち約40種類を紹介しています。トンボの美しさ、縄張り行動や産卵の様子などがつぶさに観察され、トンボの生態はもちろん、水辺の環境の大切さ、美しさを感じ取ることができます。
 ビデオテープ(約10分)より抜粋。

動画を見るにはMaromedia FlashPlayerが必要です。お持ちでない方は左のボタンからインストールしてください。

▲リストへ戻る
最上川電子大事典