施設のご案内

宮城県

高野会館

〒986-0763
宮城県本吉郡南三陸町志津川字汐見町32-1
施設の概要
震災の教訓を後世に伝えるために南三陸ホテル観洋が毎日運航している「語り部バス」が2017年ジャパン・ツーリズムアワード対象を受賞した。高野会館はこの「語り部バス」の運行ルートにある震災遺構施設である。当時の高野会館のスタッフ等の判断により、327名の高齢者や近隣の人と犬2匹の尊い命が助かった。当時の地上レベルや津波浸水高を実感でき、屋上からは南三陸町の復興状況を一望できる。これまで皇室関係者、官僚等はじめ国内外から35万人以上の人が来館し自然災害の脅威や防災減災の大切さを伝承している実績がある。尚アスベスト保有建材は全て撤去済みである。
<施設に関する窓口>
組織名:(株)阿部長商店 南三陸ホテル観洋
TEL:0226-46-2442

アクセスマップ

PAGE TOP