3.11伝承ロードキッズページ

QAキーワード集

学んでみよう

東日本大震災時の港湾こうわんの話

港湾の被害ひがい

青森県八戸市はちのへしから茨城県いばらきけんまでの太平洋沿岸地域たいへいようえんがんちいきにおける主要しゅような港に来襲らいしゅうした津波高つなみだかは、軒並のきなみ3mを超え、大船渡港おおふなとこうでは9.5mを観測かんそく
港湾を直撃ちょくげきした津波により埠頭内ふとうない保管ほかんされていたコンテナや材木ざいもく等が多数散乱たすうさんらんし、その一部は海上かいじょう流出りゅうしゅつするとともに、港周辺の車両しゃりょう係留船舶けいりゅうせんぱく建築物けんちくぶつなどと合わせて、航路こうろ·泊地内はくちない障害物しょうがいぶつとなりました。

コンテナが散乱さんらんした仙台港せんだいこう(宮城県仙台市)

航路啓開こうろけいかい
被災ひさい3日後から、港湾内の障害物を取り除く航路啓開を開始~

3月13日夕刻ゆうこく津波警報つなみけいほう·注意報ちゅういほう解除かいじょを受け、翌14日早朝そうちょうから海に流出、またはしずんだコンテナやクルマ、漁網ぎょもうなどの回収かいしゅうを行う航路啓開が開始されました。
被災地への支援しえんを第一に、宮古港みやここう釜石港かまいしこう、そして東北最大とうほくさいだいの港湾である仙台塩釜港せんだいしおがまこう優先ゆうせんして啓開。その後、3港以外の主要な港湾にも展開てんかいされました。
被災後ひさいご5日目となる16日には、釜石港に緊急物資船きんきゅうぶっしせん入港にゅうこう。23日までに被災10港で、暫定ざんていの航路が確保かくほされ、海上からの緊急物資きんきゅうぶっし搬入はんにゅう可能かのうとなりました。
また、震災から10日目となる21日には、仙台塩釜港にオイルタンカーの第一船だいいっせん入港にゅうこうし、深刻しんこくきわめていた燃料不足ねんりょうぶそく緩和かんわされました。

航路啓開の様子(宮城県石巻市)

航路啓開(沈んだコンテナの除去じょきょ)の様子(青森県八戸市)

復旧ふっきゅう

太平洋沿岸10港全体の126岸壁がんぺき(-7.5m以深いしん)のうち平成24年3月1日までに106岸壁(84%)が使用可能しようかのうになりました。


復興ふっこう
東北地方とうほくちほう産業さんぎょう経済けいざいを支える仙台塩釜港(仙台港区せんだいこうく)の「国際海上こくさいかいじょうコンテナターミナル」が10ヶ月で利用再開りようさいかい


平成24年1月22日、大きな被害を受けた仙台塩釜港仙台港区の国際海上コンテナターミナルが利用を再開しました。
仙台塩釜港を利用していた企業きぎょうの方々は、仙台塩釜港が利用できない間、長距離輸送ちょうきょりゆそう余儀よぎなくされ「陸上輸送りくじょうゆそうコストの増加ぞうか」が課題かだいでしたが、利用再開によって、より一層いっそう東北の復興が進むことが期待きたいされます。


港湾に関するあれこれ

小名浜港東港地区おなはまこうひがしこうちくにおいて、耐震化たいしんかされた大水深岸壁だいすいしんがんぺき整備せいびされました。
より深い岸壁を整備されたことで、たくさんの荷物にもつを積める大型船舶おおがたせんぱくが港に入れるようになって、安価あんかな物資の調達ちょうたつが可能になります。

岸壁の大水深化(福島県いわき市)大型船舶による一括大量輸送いっかつたいりょうゆそう実現じつげんにより安価な石炭せきたんの調達が可能

PAGE TOP