つがるの昔っこ(昔話)

なしてそうなったんだべず話こ

●あらすじ

@岩木山と岩木川が出来たわけA鬼沢の地名が出来たわけBお膳の板目を横にするわけ。『津軽どうしてこうなったんだ劇場』のお話、三本立てです。

【標準語】

【津軽弁】

■豆コの話

●あらすじ

ネズミの穴に転がった豆がもったいなくて追いかけた正直者のおじいさん、そこは異界のネズミワールド。あることで大金をゲット。それを聞いた隣のおじいさんはどうする・・・。

【標準語】

【津軽弁】

■3人の息子

●あらすじ

長男は正直だが頭が悪い。次男は頭が良く数字に強い。三男はすばしっこく賢い。跡継ぎに悩んだ父親は息子たちに5年の期限付きで、とある命をくだす。

【標準語】

【津軽弁】

■餅が牛になった話

●あらすじ

おなかをへらした男にお供えのお餅をあげてしまったお爺さん。神社でお礼にもらった笛を吹いたところ、笛がいつの間にか・・・

【標準語】

【津軽弁】

■お松の歌詠み

●あらすじ

お殿様の前で歌を詠む事になった村の娘たち。継母にひどい扱いをされてきた娘の逆転ストーリー

【標準語】

【津軽弁】

■嫁の願掛け

●あらすじ

嫁いびりがひどいおばあさんのことが憎くなった嫁。ある願掛けを行う日々で変わっていく心模様を描いた感動ストーリーです

【標準語】

【津軽弁】

■龍神様のお礼

●あらすじ

ある小さな漁村で一生懸命に働く男のもとに現れた美女の正体とは。美女がもたらす不思議な出来事にも注目

【標準語】

【津軽弁】

■豆っ子三太郎

●あらすじ

体も小さく、いつも皆にいじめられてばかりの三太郎が、とある事件をきっかけに村のヒーローになっていく感動ストーリー

【標準語】

【津軽弁】

このページの先頭へ