現場見学会(知ってなっとく公共事業)

平成26年8月5日 「お父さんの仕事を見てみよう」と題して、阿武隈川河口部堤防復旧工事の現場を見学

■ 見学場所
阿武隈川下流荒浜8工区堤防災害復旧工事(亘理町荒浜地内)

8月5日(火)に「お父さんの仕事を見てみよう」と題して、宮城県建設業協会と仙台河川国道事務所の共催により、阿武隈川河口部堤防復旧工事の現場において、受注者の家族6名(2家族)の現場見学会を開催しました。まず、掲示板を使用してお父さんが自分たちの仕事内容の説明と、堤防がどのように造っていくかを説明しました。お子さんたちも、お父さんに説明されながら興味津々で聞いていました。次に、工事現場で実際に使われている建設機械(大型油圧ショベル、タイヤローラー、ダンプトラック)に試乗しました。「後方確認カメラがついていて、後ろにいるお母さんが見えるー!」「大きい-!」と皆さんよろこんでいました。現場の雰囲気や建設機械に触れたことで、復旧復興事業でがんばっているお父さんの仕事を理解していただけたとともに、土木工事の役割や大切さを体感していただけたのではと期待しているところです。

堤防復旧や、お父さんの仕事内容について説明を受けています。

堤防復旧や、お父さんの仕事内容について説明を受けています。

大型油圧ショベルの試乗体験を行いました。

大型油圧ショベルの試乗体験を行いました。

タイヤローラーの試乗体験を行いました。

タイヤローラーの試乗体験を行いました。

現場内で記念撮影。

現場内で記念撮影。

このページのトップへ