長井ダム放流通報連絡会を開催しました

ダムから放流する場合等の連絡体制を再確認

ダムから放流する場合等の情報連絡体制や関係機関との連携について話し合う「長井ダム放流通報連絡会」を5月8日、置賜総合支庁西庁舎 会議室において開催しました。

これは、大雨や台風の本格的な出水期を迎える前に毎年実施されているもので、今年度も関係機関(山形県・長井市・長井警察署・西置賜行政組合消防本部土地改良区・東北電力・西置賜漁協・山形河川国道・最上川ダム統合管理事務所)の出席のもと、ダムからの放流による河川での災害事故防止に万全を期すために、ダム放流通報の周知徹底や洪水時の連絡体制について、確認しました。

【事務所長 あいさつ】 【ダムの水の運用や放流時の説明】
【ダムの水の運用や放流時の説明】
【事務所長 あいさつ】    

ダムから水を流す場合や量を大きく増やす場合には、警報所のサイレン及び警報車による警報を実施していますが、聞こえない場合や、気付かないうちに河川の水位が上昇することも考えられますので、川に入る場合には常に水位の変化に注意して、水が増えてきたらすぐに川からあがるようにお願いします。



警報板


放流を知らせる警報板。
野川まなび館隣に設置しています。
野川まなび館の警報板
    警報板