浜通り図書館

さんすうの部屋
こくごの部屋
りかの部屋
しゃかいの部屋
みちづくりの部屋
思い出の部屋

 

 


 みちづくりの部屋

トンネルができるまで いわき水石トンネルの場合

NATM(ナトム)工法

NATM工法とは、トンネルを掘り進みながら、壁面にコンクリートを吹き付けて周辺の地盤を補強し、更にロックボルトと呼ばれる特殊なボルトを岩盤に打ち込むことによりトンネルを保持するトンネル工法です。


  1. 削孔(さっこう)
  2. 装薬(そうやく)
  3. 発破(はっぱ)
  4. ズリ処理
  5. 支保工(しほこう)設置
  6. コンクリート吹付け(ふきつけ)
  7. ロックボルト設置
  8. 防水工(ぼうすいこう)
  9. コンクリート覆工(ふっこう)

いわき水石トンネル


1.削孔(さっこう)

ダイナマイトを入れる穴を掘ります。

削孔(さっこう)イラスト 削孔(さっこう)写真

ページ上部へ


2.装薬(そうやく)

穴の中にダイナマイトを入れます。

装薬(そうやく)イラスト 装薬(そうやく)写真

ページ上部へ


3.発破(はっぱ)

ダイナマイトを爆発させ、岩をくだきます。

発破(はっぱ)

ページ上部へ


4.ズリ処理

発破でくだいた岩(“ズリ”と呼びます)をトンネルの外に運び出します。

ズリ処理イラスト ズリ処理写真

ページ上部へ


5.支保工(しほこう)設置

掘ったトンネルが崩れないように、鋼製の支え(支保工)を一定間隔で設置します。

支保工(しほこう)設置イラスト 支保工(しほこう)設置写真

ページ上部へ


6.コンクリート吹付け(ふきつけ)

厚さ5〜15cm程度のコンクリートを吹付けて、掘ったトンネルの壁を強くします。

コンクリート吹付け(ふきつけ)イラスト
コンクリート吹付け(ふきつけ)写真1 コンクリート吹付け(ふきつけ)写真2

ページ上部へ


7.ロックボルト設置

吹付けが完了したらロックボルトを設置します。ロックボルト(3〜4m程度の鉄のクギ)を山に突き刺して、トンネルが崩れるのを防ぎます。

ロックボルト設置イラスト ロックボルト設置写真

ページ上部へ


8.防水工(ぼうすいこう)

トンネル内への漏水を防ぐためにビニール製の防水シートを貼ります。

防水工(ぼうすいこう)イラスト 防水工(ぼうすいこう)写真

ページ上部へ


9.コンクリート覆工(ふっこう)

セントルと呼ばれる半円筒形の型枠を使って、最後のコンクリートの壁をつくります。

コンクリート覆工(ふっこう)イラスト
コンクリート覆工(ふっこう)写真1 コンクリート覆工(ふっこう)写真2

前のページに戻る ページ上部へ