代表的な対策事例②

郡山市安積町笹川【十貫内交差点】

事業の効果

方面別の車線変更割合、急減速発生割合減少、約7割の利用者が安全性を実感

現状データの分析

取り組み

効果検証

事故原因となる危険挙動の減少

● 仙台(バイパス)方面と郡山市街地方面間での車線変更発生回数が約17%減少
● 方面別が事前に認識できるため、平均車間距離が約5m増加
● 対策箇所の急減速発生回数は、約13%減少

利用者が安全性を実感

● 全体の約7割が安全性を実感
カラー舗装による急な車線変更案内標識による無理な車線変更の減少を実感