記者発表資料
平成19年12月17日
最上川水系水質汚濁対策連絡協議会 事務局
国土交通省東北地方整備局
山形河川国道事務所


   平成19年度「川をきれいにする児童図画」
         入選作品の決定

  〜子どもたちの最上川への 
          思いや願いが活き活きと〜



 「川をきれいにする児童図画」の募集は、川で遊ぶ機会の少なくなった児童の皆さんに「川をきれいに」を心がけるため、川を見てもらう・関心を持ってもらうことを目的として、(※)最上川水系水質汚濁対策連絡協議会が毎年実施しています。(今回で16回)
 今年度は、県内の1〜6年生の力作が過去最多3,641点の応募があり、過日審査会を実施。「ポスター部門」の特選1点、「川景部門」の特選1点など2部門合計231点の入選作品を決定しました。
 どの作品にも、児童一人一人の川に対する思いや願い、それぞれの地域の表情などが活き活きと描かれ、見る人に感動を与える作品が多く、審査も難航しました。

○応募及び審査会の状況
 ・県内31の市町村180校から応募。
 ・「ポスター部門」2,940点「川景部門」701点、全3,641点の応募。
 ・審査会は、12月12日山形県庁で開催。
 ・審査委員6名、審査委員長は山形県教育センターの先生(美術指導)。

○審査結果(入選作品数)
 ・特選2点、金賞11点、銀賞19点、銅賞33点、佳作166点の
  合計231点。

○今後の予定
 ・入選作品を山形河川国道事務所ホームページに掲載。
 (特選、金賞、銀賞、銅賞の合計65点の写真、並びに佳作を含めた231点
  の入選者名簿を掲載予定)
 ・入選作品には、賞状及び記念品、応募者全員に参加賞を贈呈。
 (市町村を経由し、各学校にまとめて贈呈予定)
 ・入選作品集を作成、配布。
 (応募のあった各学校及び市町村に配布予定)

【別添 参考資料】
  @特選作品の写真 2作品、A審査会の状況写真、B年度別応募状況




(※)最上川水系水質汚濁連絡協議会
 最上川水系水質汚濁対策連絡協議会(国土交通省、山形県、山形県警察本部、最上川水系沿川32市町村、東北電力(株)で構成)は、最上川水系の河川及び水路について、河川水質汚濁対策に関する関係機関相互の連絡調整を図ることを目的として、昭和47年3月28日に設立されました。



発表記者会
山形県政記者クラブ

問い合わせ先
   < 問い合わせ先 >
   国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所
      河川管理課長 斉藤 喜浩   (内線331)
            上席専門職    山川  博   (内線526)
    山形市成沢西四丁目3番55号
       TEL 023(688)8421  FAX023(688)8392