ダム見学

  1. トップページ
  2. ダム見学

成瀬ダムの工事現場を見学しませんか?

・成瀬ダムは平成30年9月からダム本体工事に着手しているダムです。
・ダムの形式は「台形CSG」といい国内で開発された新しい技術によるダム形式を採用。完成すると台形CSGダムとしては国内 最大級のダムになります。
・現在、建設現場では巨大なダム建設工事が本格化し、普段は見ることが出来ない大型重機が稼働しています。
・成瀬ダムの見学方法には、A)予約不要の「展望台」B)事前予約の必要な「ダム見学会」の2つの方法があります。詳しく は下記「見学の種類と方法」をご覧下さい。

ダム見学が可能な時期

・建設現場の東成瀬村は「特別豪雪地帯」に指定されるほど雪深い地域で、冬期はメインのダム工事が休工するほか、例年11月上 旬から4月下旬までは建設現場沿いの国道342号が冬期通行止めになります。
・A)展望台のご利用や、B)ダム見学会の予約申込みは、例年4月下旬から11月上旬を予定していますが、通行止め解除時期 や新型コロナウイルス感染状況などにより「期間の変更」や「休止」となる場合がありますので、ウェブサイトにより最新情報  をご確認下さい。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策

・ダム見学会を行う際は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じます。
 なお、対策の詳細は各見学会のページでご確認下さい。

見学の種類と方法

A)『展望台』で見学 ★予約不要です
・建設現場近くの国道342号沿いに「展望台」を整備しています。
・展望台には「事業紹介パネル」や「大型ダンプの巨大タイヤ」など常設しているほか、目の前では「大型建設機械が稼働している 様子」を見ることができます。
・一般開放していますので「予約なし」で自由に出入りできますが、冬期は国道342号が通行止めとなりご利用できませんので注 意してください。
・ダム完成後には水没してしまう場所ですので、ぜひ工事期間中の今のうちにお立ち寄りください。

B)『ダム見学会』へ参加して見学 ★事前予約が必要です
・事前の予約申込みにより当事務所職員による現地での説明や、普段は入ることができない現場内をご案内します。
・現場見学は大きく分けて3種類(下記①~③)ご用意しているほか、予約不要でおうちに居ながらウェブ上で現場見学を疑似体験 できるバーチャル見学会(下記④)も開設しています。


☝①~④をクリックすると各見学会詳細ページへジャンプします。


「KAJIMA DX LABO」の施設見学について

・「KAJIM DX LABO」の施設見学の申込み先は、成瀬ダム工事事務所が行う「ダム見学」とは異なりますご注意下さい。
  問い合わせ先:⿅島建設株式会社 成瀬ダム堤体打設JV工事事務所 (ウェブサイト)

  • 東北震災伝承館
  • 防災情報提供センター
  • ガイド東北
  • 東北のダム見どころ情報
  • クールでおもしろい仕事おもしろ物語@工事現場
  • 国土交通省川の防災情報
  • 水辺の情報案内
  • 国土交通省ハザードマップポータルサイト
  • インフラツーリズム

このページの先頭へ戻る