岩切不動
河井狭窄部(かわいきょうさくぶ)という川幅の狭くなるところにあります。大きな杉の木の参道の奥にお不動様の「ほこら」があって、足跡のような大きな石がまつられています。