最上川発祥の地(ビューポイント)
白川合流点より上流の最上川は、以前は「松川」と呼ばれていました。白川と合流して初めて最上川の名前になったと言われています。ここには最上川発祥の地「長井」を示す碑が建てられています。又、川幅の広くなるこの場所は、遠くに葉山を望み、四季折々のダイナミックな眺めがすばらしいことから最上川ビューポイントの一つになっています。