最上川と産業
山形県では農業だけではなく、工業や商業などのほかの産業もさかんになってきています。これらの産業に必要な電気や水も最上川が役に立っています。機械を動かす電気は、火力発電所や水力発電所で作り出されていますが、なかでも水力発電は最上川の水を利用して行われています。最上川を利用して多くの水力発電所がつくられていますが、一番大きなものは朝日町の上郷発電所です。
 また、最上川の豊かな水を工業に役立てるため、酒田市に県営酒田工業用水道が昭和37年に完成しています。臨海工業地帯として、これからもますます発展していくことでしょう。
 

 
酒田工業用水道
昔から酒田港を中心として工業地帯が発展してきた地区。もっと工業を盛んにしようと、昭和37年に「酒田工業用水道」が整備されました。河口から9キロメートル上流にある遊摺部地区に取水口を設け、浄水場で水をきれいにしてから、酒田臨海工業地帯にあるたくさんの工場に水を送っています。