川がよごれると、私たちの生活にいろいろ心配なことが出てきます。そこで、いつまでもきれいな最上川であるために、国では毎年4月を河川美化月間、7月を河川愛護月間、8月1日を水の日として、水辺をきれいにしたり水のムダ使いをしないように呼びかけています。県や市町村でもきれいな川で住みやすいふるさとにしようと、河川や海岸の清掃運動を毎年行っていて、たくさんの人が協力しながら最上川をきれいにしています。