ホーム
トップページ > 管内の砂防施設

管内の砂防施設

秋田駒ヶ岳(秋田県側)直轄砂防施設

管内には、土砂災害を防止するための砂防施設が18基あります。(令和3年6月現在)
※クリックすると概要をご覧いただけます



01_小先達川第1砂防堰堤
● <構造形式> コンクリート重力式不透過型
         高さ 14m  長さ 120m
  <施工>   平成2年 ~ 平成7年
インド産赤御影石と
    フランス産青御影石
● 八幡平山系直轄砂防事業(秋田県側)で最初につくられた砂防堰堤。
彫刻家の原田哲男氏が地球をテーマにデザインしたレリーフが施された、めずらしい砂防堰堤です。
周辺施設は『SABOカルチャーパーク』に整備された、桜がとても美しい秋田駒ヶ岳のビュースポットになっています。
● レリーフやモニュメントのテーマは、“自然との調和”である。
レリーフは“自然の岩のながれや駒ヶ岳と山脈のながれ”の表現である。
また、右岸側のモニュメントは“小先達川、田沢湖の水のながれ”を、
左岸側のモニュメントは“和、ハーモニー”の表現である。



08 09_生保内川遊砂地(大暗渠~床固め)
● <構造形式> 重力式コンクリート大暗渠砂防堰堤
         高さ 8.5m  長さ 240.8m
  <施工>   平成16年 ~ 平成18年
● 生保内川流域では、昭和35年8月の集中豪雨による「田沢湖水害」で、土石流や堤防決壊による
氾濫により死者行方不明者15名、浸水、道路損壊、田畑の冠水など甚大な被害を被りました。
このため土砂災害を防ぐ砂防施設が、自然豊かな周辺の地域特性に配慮して計画され、水理模型実験
により半径4mの大暗渠構造という構造に決定されました。また周辺は遊砂地として公園整備され
「癒しの渓流」となっています。



18_片倉沢第1砂防堰堤
● <構造形式> コンクリート重力式透過型
         高さ 12.5m  長さ 163m
  <施工>   平成29年 ~ 令和2年
● 秋田駒ヶ岳の火山活動で土石流のおそれの
ある渓流に建設した砂防堰堤です。堰堤左岸上
流は本体を安定させるため硬い岩盤の上に導流
堤として折り曲げられています。
 約6千万年前に流れ出した片倉沢溶岩流の下
流に位置し、滝が上下流に見られます。
 秋田駒ヶ岳の撮影ポイントです。

ページの先頭へ