湯沢河川国道事務所

  サイト内検索 文字サイズの変更
 
文字サイズの拡大 文字サイズを戻す 文字サイズの縮小
事務所情報 かわ情報 さぼう情報 ダム情報 みち情報 ちいきづくり情報

 

 

 平成17年11月30日(水)、「第3回前囲横断歩道橋を考える懇談会」が湯沢市生涯学習センターを会場に行われました。昨年度行われた第2回懇談会において取扱方針(既設前囲横断歩道橋を撤去し、東赤土横断歩道橋に新たに横断歩道橋を設置)が決定したため、第3回懇談会は、横断歩道橋の詳細な設置位置、歓談形状、横断歩道橋の色について、模型を使用し、みなさんと意見交換を行い方針を決定しました。

 

決定事項

歩道橋位置

国道を直角に横断し、東赤土横断歩道橋に連結する。

階 段 形 状

折り返しタイプの階段。

色  

景観に配慮した茶色。

 

これまでの経緯

第3回議事次第

アンケートの実施・結果取りまとめ

第1回懇談会開催(H16.11)

 (現状分析)

 (前囲横断歩道橋取扱の検討)

第2回懇談会開催(H17.1)

 (「前囲横断歩道橋取扱方針」策定)

第3回懇談会開催(H17.11)

 (前囲横断歩道橋の形状等検討)

開会
議事
  (1)昨年までの経緯について
  (2)新設の横断歩道橋について
  (3)討議

閉会

 

 

 

懇談会の様子

 

 

横断歩道橋位置について

〔1〕 第1案(国道13号を斜めに横断)

(第2回懇談会提示案)

〔2〕 第2案(国道13号を直角に横断)

(第3回懇談会提示案)

討議内容

直角に設置した方が既設横断歩道位置に近いため、歩行者利用実態(歩行距

   離)は変わらない。

大半が小学生利用であり、直角に横断した方が橋長が短いため防犯上も良い。

交通安全上、既設の横断歩道は撤去した方が良い。

討議結果

国道を直角に横断し、東赤土横断歩道橋に連結する第2案に決定。

 

階段形状について
〔1〕 第1案(折り返し階段タイプ) 〔2〕 第2案(螺旋階段タイプ)

討議内容

片側にだけ螺旋階段を設置しても、反対側の既設階段が螺旋階段ではないた

 め、景観的に浮いてしまう。

螺旋階段は階段幅の位置によって、ステップ幅が違うため、小学生が利用す

 ることを考えると安全性を考え同じステップ幅がよい。

スロープは横断歩道橋の上やスロープを自転車で走行される恐れがあり危険

 であるため、スロープは設置しなくても良い。

討議結果

折り返しタイプの階段の第1案に決定。

 

横断歩道橋の色について

〔1〕 第1案(薄緑(現況色)) 〔2〕 第2案(茶色)
〔3〕 第3案(グレー) 〔4〕 第4案(アイボリー)

討議内容

寒色系よりも茶色(はっきりした色)の方が信号が見やすいため、交通安全を 

 考えると茶色がよいと思う。

景観を考慮し湯沢市では、防護柵及び照明灯等を更新する際は茶色に更新

 している。

討議結果

横断歩道橋の色は第2案の茶色に決定。

 

完成イメージ

 

【戻る】


国土交通省 国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所
〒012-0862 湯沢市関口字上寺沢64番地の2号 電話(代表)0183-73-3174 各課直通番号はコチラ
Copyright (C) 2005 国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所. All Rights Reserved