トップページ 事務所情報 かわ情報 さぼう情報 みち情報 ちいきづくり情報 入札情報

 秋田県のふるさとの象徴的存在である「雄物川」は、流路延長133kmを有 し、その流域面積は秋田県土の約40%を占める県内最大の河川であります。 

 東北地方整備局湯沢河川国道事務所は、雄物川源流地点の現状を把握するため 、職員による「雄物川源流調査」を下記により行いました。  

日 時/平成15年9月18日(木)

    9:00~17:00

場 所/雄物川源流 大仙山(標高 920m)

    (雄勝町院内地先)


 

当日は、案内をしてくださった鈴木さんをはじめとする23名での源流調査となりました。

案内人なしでは進めない、道なき道を参加者たちは黙々と進みました。

 

-途 中 の 風 景-

源流は、想像以上に険しい場所にありました。
午後1時・・・参加者全員源流へ到着!

雄物川源流・・・ここから私たちの町を流れる雄物川が生まれています。

 

      

早房坑付近での記念撮影


 

●「雄物川源流調査」記者発表資料

ページの先頭へ