あなたの運転は大丈夫? 雪道走行の心得

TOPに戻る

安全な走行と冬用タイヤチェーン装着について

安全走行こそ最強のドライブテクニック!

「急」のつく運転は事故のもと!

雪道を走行するときは、急発進、急ハンドル、急ブレーキは厳禁!路面凍結時にはコントロールを失ってしまうこともあります。また、急いでスピードを出し過ぎすぎるのもとても危険です。冬は、時間にも余裕をもって出かけましょう。

「車の性能」=「安全」ではない!

「車の性能」=「安全」ではない!4WD(4輪駆動)、4WS(4輪操舵)、TCS(トラクション・コントロール・システム)、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、など最近の車は安全性を高める機能が搭載されるようになりました。しかし、これらは「走る、曲がる、止まる」といった車の基本的な働きを補助するシステムに過ぎません。車の性能を過信せず、無理な運転をしないことを心がけましょう。

冬用タイヤ(スタッドッレスタイヤ、スノータイヤ)の装着

冬用タイヤ(スタッドッレスタイヤ、スノータイヤ)の装着

チェーンの装着する車輪の位置

冬用タイヤ(スタッドッレスタイヤ、スノータイヤ)の装着

チェーン装着時の注意

事前に確認!
必ずタイヤのサイズにあったものを選び、説明書に従い事前に装着の練習をしておくと、実際の冬道での装着時にスムーズに作業ができます。
 
速度を抑えて走行しよう!
スピードの出し過ぎは、チェーンの膨れ上がりによる車体への接触でチェーン切れの原因となります。また、走行中、異常音がしたら要注意。
確実な装着と十分な点検を実施しよう!
チェーンの緩み、ゴムバンド等のフックへの掛け忘れはチェーン脱落の原因となります。また、チェーンの磨耗・損傷はチェーン切れの原因となります。

TOPに戻る