1. ホーム
  2. 道路
  3. 交通安全事業

道路 道路メンテナンス

道路メンテナンス会議

高度成長期に集中的に整備された多くの橋梁やトンネルなどの道路インフラの老朽化に伴い、これらの補修や更新を行う必要が急激に高まってくることが見込まれています。

国、地方とも厳しい財政状況にある中で、道路インフラの補修や更新にいかに的確に対応していくかが重要な課題となっています。
このため、山形県内の高速道路、国道、県道、市町村道の道路管理者からなる「山形県道路メンテナンス会議」を平成26年度に設立し、道路インフラの予防保全、老朽化対策の取り組みに対する体制強化を図っています。

取り組み事項

  1. 道路メンテナンスに関する情報共有
    技術基準説明会・現地研修会等の実施、損傷事例や対応事例に関する情報の共有、点検・措置状況に関する情報共有 等
  2. 関係者の意見調整
    点検、補修等に重点的に取り組むべき路線に関する意見調整、対外協議に関する調整 等
  3. 国民・道路利用者等を対象とした広報
    点検結果や構造物の健全度に関する情報発信、老朽化対策に対する関心と理解の醸成 等

橋梁長寿命化総合研修の様子

  • 道路のライブカメラ
  • 河川のライブカメラ

このページの先頭へ戻る