1. ホーム
  2. 河川
  3. 山形の河川における課題

河川 山形の河川における課題

1. 最上川上流の洪水との戦い

繰り返される洪水による被害

戦後最大の洪水

S42年8月の羽越洪水は、沿川市町に未曾有の被害をもたらしました。

死者 負傷者 住家 被害総額
全壊流出
半壊流出
床上浸水
床下浸水
8名 137名 2,203戸 14,269戸 226億

増水頻度の増加

気候変動等の影響により、最上川上流では増水回数が増加しています。

S54~S63 H1~H10 H11~H20
4回 7回 8回

〔増水(出水)回数…氾濫注意水位を超過した回数〕

S42年羽越水害の状況

  • 川西町
    川西町
  • 白鷹町
    白鷹町

近年の出水状況

  • H14年7月出水 河北町
    H14年7月出水 河北町
  • H19年9月出水 山形市蔵王
    H19年9月出水 山形市蔵王

2. 豪雨による浸水頻度の増加

近年の集中豪雨で浸水被害が増加

排水施設が充分でない最上川支川では、近年の記録的な豪雨に伴い、内水浸水被害が頻発しています。

大旦川:浸水の発生事例

H9.6 H10.8 H11.9 H14.7 H16.7 H18.10 H23.9
台風8号 前線 前線 台風6号 前線 低気圧 台風15号

※「内水浸水被害」とは
最上川に注ぐ支川の合流部にある水門等を閉めることにより、堤防の内側に洪水が貯り浸水し、被害が発生すること。

  • H14年7月 大旦川の浸水状況(村山市)
    H14年7月 大旦川の浸水状況(村山市)

3. 景観の保全と地域活性化

川の魅力を活かし、更なる活用へ

最上川上流には、川を中心とした美しい景観や、江戸時代より発達した舟運時代の史跡等が多数存在しており、これらの魅力をさらに活用する必要があります。

  • 佐野原の舟道(白鷹町)
    佐野原の舟道(白鷹町)
  • 最上川と左沢(大江町)の街並み
    『重要文化的景観』にH24年11月に答申された「最上川と左沢(大江町)の街並み」

このページの先頭へ戻る