くらしとつながる最上川
 

 わたしたちがいる地球には、「水の惑星」といわれるほどたくさんの水があります。しかし、地球の水の約97%は海水で、そのままでは飲み水にできません。では、わたしたちが生活するために使うことができる水は、どのくらいあるのでしょうか。

川の水の使われ方

川の水が飲み水になるまで
※クリックすると別ウインドウが開きます
使った水を川にもどすまで
※クリックすると別ウインドウが開きます

むずかしい言葉の意味
1
浄水場
川などから取り入れた水を人間が飲むことができる水質にする施設
昔は井戸の水を使っていたので、夏になると水がたりなくなったり、水の中の菌などで病気になったりする人もいました。そのため、いつでも安全に水が飲めるように、浄水場がつくられたのです。
2
下水処理場
使われてよごれた水を集め、きれいにしてから川へもどす施設
3
び生物
人間の目では見えないくらい小さな生きもの


モドル
ススム