平成20年 6月30日
 
 
 
「重要水防箇所」の合同巡視を実施しました
 
 高瀬川河川事務所では、本格的な出水期を前に、青森県・高瀬川流域市町村、水防関係者等で構成される「高瀬川洪水予報・水防連絡会(会長:高瀬川河川事務所長)」の水防活動の一環とし、「重要水防箇所の合同巡視」を6月20日に実施しました。

  今回の関係機関の参加による合同巡視では、実際に洪水が発生したときに適切且つ迅速な水防活動を実施が出来るよう、重要水防箇所や水防資材のある水防倉庫の位置などについて確認を行いました。
 
 
 

 

重要水防箇所とは・・・
  洪水時に危険が予想される箇所で、重要度によりランク付け(A,B,要注意)がされています。
  なお、毎年見直しを行い、関係地元市町村や水防団などに周知しています。

 重要水防箇所(高瀬川)については、当事務所ホームページから確認できますので、ぜひご覧下さい。
  (http://www.thr.mlit.go.jp/takase/


 
合同巡視の様子
 
   
 
   
   
 
  高瀬川河川事務所