ここでは、「森づくり大作戦」のスケジュールを説明します。
 
 木のタネを畑やビニールポットにまいて発芽させます。
福島市飯坂町茂庭地内の「もにわの湯」のとなりに、「森づくり大作戦」の苗畑があります。多くのタネは、そこで発芽させます。
 また、ビニールポットにまいた場合は自分の家に持ち帰って苗を育てます。
 
 植えたタネが苗となり、自然の力で守り育まれながら、一生懸命に生きています。
 
 現地に移植した苗は、長い年月をかけて大きな樹木へと成長していきます。
こうして再生した森は、動物を育み、大雨を大地にしみこませ、川を作り出すのです。
 
 「森づくり大作戦」では、いくつかの方法を使って自然の森再生の手助けをします。その中に、「生態学的混播法」という方法があります。
 「生態学的混播法」については、
 


Copyright 2006 SurikamigawaDam and Reservoir Management Office