森づくり大作戦の進め方

流れ
■生態学的混播法とは?
森は厳しい自然によって失われることはあっても、そのたびに再生を繰り返す大きな力を持っています。この自然のリズムを生かすことで、私たち人間によって失われた森をよみがえらせる…。これが生態学的混播法の考え方です。

近くの森から集めたいろいろな種類のタネや育てた小苗を植えると、その場所の気候や土などの条件にあった生命力のあるものだけが自然の中で生き残っていく。つまり生態学的混播法は、自然が選んだ「いのち」によって、自然林がつくられることを目的としています。
閉じる