施設のご案内

宮城県

多賀城市 東日本大震災モニュメント

〒985-8531
多賀城市中央2丁目7番地内(多賀城駅前公園内)
施設の概要
追悼、伝承、減災への誓いの3つを目的としたモニュメントです。
モニュメントは、2つのアーチと中央の柱で構成されており、柱のデザインは国の重量文化財「多賀城碑」が収まられている覆屋(おおいや)がモチーフとなっています。
この柱の高さは、市内を襲った津波の最大の高さと同じ4.6メートルとなっており、震災の「記憶」の一部を、モニュメントのスケール感で表現しています。また、柱には扉が設置してあり、犠牲となられた方々へのお名前が納められています。重なり合う2つのアーチは、震災の記憶を世代、そして時を超えて途切れることなく次へ、そしてまた次へと、確実に伝えていく願いを、力強いデザインで表現したものです。
また、隣接して設置している表示板には、「東日本大震災の概要」「多賀城市の被害状況」「津波浸水区域図」「モニュメントのデザインの説明」「減災都市宣言」を表示しています。
市民だけではなく、市外から訪れた方々、そして震災を経験していない将来の世代にも、多賀城市の被災状況や、減災への誓いを伝承していけるものとなっています。
<施設に関する窓口>
組織名:多賀城市  市長公室政経営担当
TEL:022-368-1141 (214)

アクセスマップ

PAGE TOP