新庄河川事務所
文字の拡大方法 サイトマップ
防災情報 河川情報 砂防・地すべり関連情報 学習関連情報 事務所情報 アクセス・問合せ
HOME 河川情報 最上川中流大規模氾濫時の減災対策協議会
最上川中流大規模氾濫時の減災対策協議会
 本協議会は、最上川中流の近年最大洪水(平成16年7月・平成25年7月洪水)の状況、及び、平成27年9月関東・東北豪雨により大規模な浸水被害が発生したことを踏まえ、最上川中流における堤防の決壊や越水等に伴う大規模な浸水被害に備え、隣接する自治体や県、国等が連携して減災のための目標を共有し、ハード・ソフト対策を一体的かつ計画的に推進するための協議・情報共有を行うことを目的に活動を行って行きます。
 平成28年9月21日(水)第2回協議会において、取組方針を策定しました。
開催内容
第2回 協議会 [平成28年9月21日(水)]
場所:新庄河川事務所 2階 第1-A,B会議室
第1回 協議会 [平成28年5月27日(金)]
場所:新庄市民プラザ
「水防災意識社会 再構築ビジョン」の取組
 平成27年9月の関東・東北豪雨を踏まえ、国土交通省では、新たに「水防災意識社会 再構築ビジョン」として、全ての直轄河川とその沿川市町村において、平成32年度目途に水防災意識社会を再構築する取組を行うこととしました。
新庄河川事務所管内においても、河川管理者・都道府県・市町村等からなる協議会等を新たに設置して減災のための目標を共有し、以下のハード・ソフト対策を一体的・計画的に推進します。
●ソフト対策
住民が自らリスクを察知し主体的に避難できるよう、より実効性のある「住民目線のソフト対策」へ転換し、2016年出水期までを目途に、関係機関と連携し重点的に実施します。

●ハード対策
洪水により氾濫が発生した場合にも被害を軽減する「危機管理型ハード対策」を導入し、平成32年度を目途に実施します。2016年度は大蔵村白須賀地区、鮭川村庭月地区の堤防天端舗装を行います。
●主な対策
各地域において、河川管理者・都道府県・市町村等からなる協議会等を新たに設置して減災のための目標を共有し、ハード・ソフト対策を一体的・計画的に推進する。
取組事例
水防災意識社会再構築ビジョンに基づく取組による効果事例を紹介します。
平成29年2月
大蔵村烏川地区『まるごとまちごとハザードマップ』の作成
平成29年2月
市町村防災担当者のための『ハザードマップ作成支援ツール』説明会
平成29年4月
過去の災害を伝える取組としてパネル展を実施
 
| HOME | 防災情報 | 河川情報 | 砂防情報 | 学習 | 事務所情報 | アクセス・問合せ |
| サイトマップ | プライバシーポリシー |
国土交通省 東北地方整備局 新庄河川事務所 〒996-0071山形県新庄市小田島町5番55号 TEL 0233-22-0251 各課直通電話番号
Copyright(C) 2004 Shinjo Office of River. All Rights Reserved.