浸水情報システムとは

 五間堀川では平成6年以降、排水機場整備や河道改修から成る総合的な治水対策を進めています。
 しかし残念ながら、これらの対策だけでは、浸水区域を根絶することはできません。


 浸水情報システムは浸水時の被害発生を最小限にするために、地域住民の避難行動の参考となる、降水量、河川水位、浸水区域などの情報をリアルタイムに提供することを目的としています。

イメージ イメージ イメージ
イメージ イメージ イメージ
イメージ イメージ イメージ
 国土交通省、宮城県が観測する河川水位、雨量、浸水状況などの情報を収集、解析し、インターネットにより住民へ提供します。


浸水情報の提供範囲

トップページへ戻る