平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
 


  平成31年2月16日(土)、三陸沿岸道路の歌津IC〜小泉海岸IC間の10、0キロと、本吉津谷IC〜大谷海岸IC間の4、0キロが開通しました。当日開催された開通式では、石井国土交通大臣や多くの関係者の皆様にご出席いただき、テープカットや走り初めパレードなどが行われ、開通を祝いました。開通により仙台市と気仙沼市が直接結ばれ、観光や産業の振興に繋がるなど、様々な効果が大いに期待されます。

   
   
   
▲開通式の様子 

 |▲ページ先頭へ戻る







  平成31年2月8日(金)、河北総合センタービックバンにて三陸道維持出張所、石巻国道維持出張所、工事関係者が集まり安全講習会を行いました。
 一般財団法人東北電気保安協会の方々をお招きして、電気事故防止のポイントや感電災害の知識などの講話を行いました。

 
 ▲講習会の様子

▲ページ先頭へ戻る| 







  平成31年1月18日(金)、高速道路上における交通の安全の確保に貢献したとして、宮城県警本部交通部長から感謝状をいただきました。
 今後も引き続き、交通事故対応や落下物処理など、県警高速隊と連携し安全確保に努めてまいります。

   
 ▲贈呈者集合写真  ▲感謝状

▲ページ先頭へ戻る| 







  本格的な除雪シーズンの到来を間近に控え、平成30年11月21日(水)に矢本IC内にある除雪ステーションにおいて、三陸道維持出張所・石巻国道維持出張所合同で除雪車両出動式を行いました。
 出動式に先立ち請負業者主催による安全祈願祭が行われたほか、永年にわたり除雪作業に従事された方に感謝状が授与されました。

   
 ▲安全祈願祭 
   
▲除雪出動式 
 
 ▲感謝状授与

▲ページ先頭へ戻る| 







  平成30年11月15日(木)、三陸道春日PA(下り)にて、広報活動を行いました。今回の広報活動は、宮城県道路公社・宮城県警高速道路交通警察隊と合同で、「冬タイヤ早期装着キャンペーン」として実施したものです。
 本格的な冬の到来を前に、早めの冬タイヤへの交換や事故防止に関するチラシを配り、ドライバーの皆様へ安全運転を呼びかけました。

   
▲広報活動 

▲ページ先頭へ戻る| 







  平成30年11月4日(日)、石巻市総合防災訓練が実施され、津波対策訓練として三陸道に設置している津波避難階段を利用した訓練も行われました。
 地域住民の方が参加し、緊急時の安全かつ迅速な避難方法を確認しました。

   
   
▲避難訓練状況 

▲ページ先頭へ戻る| 







  平成30年10月24日(水)、石巻港IC、矢本ICのクリーンアップ活動を実施しました。今回のクリーンアップ活動ではトラック1台分のゴミ(ゴミ袋50袋)空き缶やペットボトルなどのゴミが回収されました。
 三陸道では、ゴミのポイ捨てが後を絶ちません。ドライバーの皆様は、マナーを守って利用してください。

   
 ▲作業の様子  ▲回収ゴミ

▲ページ先頭へ戻る| 








  平成30年7月27日(金)、工事関係者の協力を得て、矢本IC、石巻港IC、石巻河南IC、桃生津山IC、登米ICのクリーンアップ活動を実施しました。今回のクリーンアップ活動ではトラック1台分の(ゴミ袋60袋)空き缶やペットボトルなどのゴミが回収されました。
 三陸道では、ゴミのポイ捨てが後を絶ちません。ドライバーの皆様は、マナーを守って利用してください。

   
 ▲作業の様子  ▲回収ゴミ

▲ページ先頭へ戻る| 






 平成30年7月17日(火)、交通量増加に伴う交通事故を想定した現地対応時の規制方法を、宮城県警察高速道路交通警察隊石巻分駐隊と合同で実施しました。

   
▲規制訓練実施状況 

▲ページ先頭へ戻る| 






  三陸道維持出張所管内における災害応急対策業務を円滑に行うため、6月20日(水)災害応急対策の実施体制について意見交換会等を行いました。

 国土交通省東北地方整備局と宮城県建設業協会は、地震・大雨等による大規模な災害に備え、応急復旧業務に関する協定を締結しています。
 この協定は、東北地方整備局が管理する施設が被災した場合、地域の皆様方の生活を守るため、あらかじめ区間毎に決められた建設業者が、施設の早期復旧に向け保有している建設資材、建設機械、建設技術者の派遣を迅速に行うものです。

 
 ▲会議風景

 |▲ページ先頭へ戻る






  平成30年6月17日(日)、東松島市総合防災訓練が実施され、津波対策訓練として三陸道に設置している津波避難階段を利用した訓練も行われました。
 地域住民の方が参加し、緊急時の安全かつ迅速な避難方法を確認しました。

   
 
▲避難訓練状況 

 |▲ページ先頭へ戻る






 平成30年6月12日(火)、三陸道春日PA(下り)にて広報活動を実施しました。今回の活動は、宮城県道路公社・宮城県警高速道路交通警察隊と合同で、「落下物防止・過積載運行防止キャンペーン」として実施したものです。
 実際に本線上で回収された落下物を展示したり、チラシを配布して利用者の皆さまに注意を呼びかけました。

   
▲広報活動状況 

 
 ▲本線上で回収された落下物

▲ページ先頭へ戻る






  平成30年4月12日(木)、工事関係者の協力を得て,,鳴瀬奥松島IC矢本PA上、下のクリーンアップ活動を実施しました。今回のクリーンアップ活動では、2tトラック1台分の空き缶やペットボトルなどのごみが回収されました。

   
▲作業の様子 

 
 ▲回収ごみ


▲ページ先頭へ戻る






 平成30年4月10日(火)、三陸道春日PA(下り)にて広報活動を実施しました。今回の活動は、宮城県道路公社・宮城県警高速道路交通警察隊と合同で、チラシを配布して、利用者の皆さまに交通安全を呼びかけました。 

   
 ▲広報活動状況

 
Copyright (C)2010,Sanriku National Highway Office,All Right Reserved
仙台河川国道事務所 三陸道維持出張所に全ての権利は帰属しています。
画像及び文章の無断転載・無断引用・販売等は固くお断りします。