平成31年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度



 平成25年2月15日(金)に関係者や地域の方々への津波避難階段完成披露が行われました。
 津波来襲時に一時避難所として三陸自動車道を利用するために、東松島市大曲地区から赤井地区までの三陸自動車道のり面、6箇所に津波避難階段を、石巻港ICに管理用通路を活用した避難通路を整備しました。
 今後は、津波避難階段の設置によって、地域の方々が安全かつ迅速に避難することが可能となり、地域の安全に貢献するものと期待されています。

三陸道維持出張所長による
工事概要説明
仙台河川国道事務所長から
東松島市長へ鍵の引渡し
テープカットの様子 津波避難階段の歩き初め





 宮城県警察高速道路交通警察隊からの3年連続の感謝状に続き、平成25年1月11日(金)に、宮城県警察本部から交通の安全と円滑の確保に貢献したとして、感謝状をいただきました。
 引き続き、故障車の対応、落下物の処理など、高速隊と連携し安全確保に努めて参ります。

事故対応状況 高速隊との事故対応状況
感謝状





 平成24年12月4日に本格的な降雪シーズンの到来を間近に控え、安全・安心な交通確保を目指して除雪作業を開始するにあたり、石巻国道維持出張所・三陸道維持出張所合同で除雪車両出動式を矢本除雪ステーションにおいて開催しました。出動式は、施工会社主催の除雪作業安全祈願祭に引き続いて行われ、施工会社への除雪車両の鍵の引き渡しを行いました。
 また、永年にわたり除雪作業に従事され、特に功労のあった3名の方に表彰状の授与を行いました。長きにわたる除雪作業ありがとうございます。

除雪作業安全祈願祭の様子 除雪車両のお祓い
施工者((株)丸本組)へ鍵の引き渡し 除雪車両の出動状況
表彰状授与((株)丸本組)





 平成24年12月4日に三陸道矢本パーキングエリア(下り線)において、冬期間の冬タイヤ等未装着車両による走行不能や、スリップ事故などの交通障害を未然に防止することを目的とし、交通の安全・安心な確保を図るため、宮城県警察高速道路交通警察隊石巻分駐隊と連携し、広報活動を実施しました。

参加者 宮城県警察高速道路交通警察隊 3名
国土交通省三陸道維持出張所 5名
広報活動状況


広報活動で配布した資料:早期の冬タイヤ装着リーフレット

三陸道利用者の皆様におかれましては、日陰や橋梁等、局部的に凍結している場合もありますので、早めの冬タイヤの装着と安全運転をお願いいたします。





 本格的な冬を迎えるにあたり、三陸道において安全な冬期道路交通確保を目的として、11月27日(火)に交通管理者及び隣接する道路管理者の3機関合同による会議を三陸道維持出張所において実施しました。


出席者 宮城県警察高速道路交通警察隊 1名
宮城県道路公社 2名
国土交通省三陸道維持出張所 2名
(株)丸本組 1名
降雪時におけるスリップ事故発生状況
(桃生豊里IC付近(石巻市桃生町))
(平成24年2月)


●会議の話題●

薬剤散布作業時などの追突事故やもらい事故に注意すること。
管理境界部や通行止め解除時など、連携かつ効率的な除融雪作業に努める。
横断的な情報共有など各機関との連携強化を図り、万全な体制で除融雪作業を実施するとともに、道路利用者へ積極的に情報発信を行うなど申し合わせた。

三陸道を通行される道路利用者の皆様へのお願い

1 早めの冬タイヤ装着を!
2 特に橋梁部や日影部は路面凍結によるスリップ注意を!
3 冬期間はスピードダウンと十分な車間距離の確保を!





 8月10日(金)に昨年に引き続き矢本パーキングエリア(下り線)にて、石巻地区交通安全協会主催による夏の交通事故防止運動「いっぷく運動」に参加しました。
 本年も、盆休みや行楽などで遠出する機会が多くなるこの時期に、長時間運転などにならない、ゆとりある運転をしていただくよう、呼びかけを行い、また、落下物注意喚起のためのチラシ等の配布を行いました。

「いっぷく運動」会場

場所:矢本パーキングエリア(下り線

開会式 石巻市警察署 9名
宮城県警察高速道路交通警察隊 2名
石巻地区交通安全協会 30名
国土交通省三陸道維持出張所 4名
PR活動状況
バイク乗車体験もできました! 冷たい抹茶やお菓子などが
振る舞われました





 7月9日(月)に宮城県警察機動隊と合同で石巻河南IC(三陸道維持出張所駐車場)において特殊(過積載)車両の取締りを実施いたしました。全10台計量し、全台が過積載になっており、指導・取締りを行いました。
 過積載は道路を傷め、補修の頻度が上がるだけでなく、車両にも大きな負担となります。また、積荷の落下による交通事故の危険性もありますので、荷物運搬をされる皆様には、今一度、積荷のしっかりとした荷造り、積載量の確認をお願いいたします。

過積載の程度 大型車
違反点数 反則金
10割以上 6点 ※罰則適用
10割未満 3点 4万円
5割未満 2点 3万円
取締実施結果
10割以上 1台
10割未満 3台
5割未満 6台


※ 免許停止処分、6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金

●取締りの様子● 配布チラシ(過積載!!しない!させない!見過ごさない!

宮城県警察機動隊 20名
国土交通省三陸道維持出張所 5名
株式会社 丸本組 2名
指導・取締り状況
5割超過 10割超過





 三陸道維持出張所管内における災害応急対策業務を円滑に行うため、6月8日(金)13:30から、災害応急対策の実施体制や東日本大震災における三陸縦貫自動車道の被災状況及び復旧状況等について意見交換等を行いました。
 国土交通省東北地方整備局と宮城県建設業協会は、地震・大雨等による大規模な災害に備え、被災した施設の早期復旧を図るため、災害応急対策業務に関する協定を締結しています。
 この協定は、東北地方整備局が管理する施設が被災した場合、地域の皆様方の生活を守るため、あらかじめ区間毎に決められた建設業者の皆様が、施設の早期復旧に向け保有している建設資材、建設機械、建設技術者の派遣等を迅速に行うものです。



出席者

(社)宮城県建設業協会 石巻支部
(社)宮城県建設業協会 登米支部
齋藤建設(株)
(株)瀬崎組
(株)阿部土建
(株)只野組
(株)佐々木組


●会議内容●

1.東日本大震災による三陸道の被災状況及び復旧について
2.三陸道の概要について
3.応急復旧業務の実施体制について
4.意見交換





 5月10日(水)に石巻河南IC周辺の側道部においてイオン石巻店の皆様と合同で清掃活動を実施しました。
 天候はあいにくの曇りで、まだ肌寒い中での活動でしたが、たくさんのゴミを拾っていだだきましたこと、感謝申し上げます。

 参加者 イオン石巻店:24名
       三陸道維持出張所:5名

清掃活動の様子
ゴミ5袋回収(三陸道維持出張所分)


Copyright (C)2010,Sanriku National Highway Office,All Right Reserved
仙台河川国道事務所 三陸道維持出張所に全ての権利は帰属しています。
画像及び文章の無断転載・無断引用・販売等は固くお断りします。