|管内事業紹介⑥神宮寺南交差点
国道6号 神宮寺南交差点改良(亘理町)

 当該箇所は、宮城県南沿岸部と関東方面を結ぶ幹線道路である国道6号と町道が交差する交差点であり、右折レーンが設置されていないため、右折車両により後続車両の通行が阻害され、交差点付近で追突事故や急ブレーキ挙動が多発している。また、橋梁部の歩道が狭隘であり、歩行者の通行に支障をきたしている。
 本事業は、右折車線の設置により右折車両と直進車両の分離を行うことで、交通の円滑化による追突事故等の削減を図るとともに、歩道拡幅を行い安全な歩行空間を確保するものである。
 令和3年度は、迂回路築造工事、旧橋撤去工事を実施します。
 
   事業の進捗状況  
   位 置 図  

 
 
 ▲ページ先頭へ戻る
 
▲前のページへ戻る
TOPに戻る