事務所の概要

国道45号・283号「仙人峠道路」の改築・維持・管理を行っています
三陸国道事務所の管轄図

250余年前に開削、かつて「浜街道」と呼ばれた三陸地方の陸上交通の動脈

 仙台市と青森市を結ぶ国道45号は、東北地方を太平洋沿いに縦貫する、総延長544.8km(岩手県内259.7km(複線延長17.5km含む))の幹線道路です。その中で、岩手県内を走るルートは「三陸国道」と呼ばれ、三陸地方の陸上交通の動脈として、産業・経済・文化・暮らしに大きな役割を果たしてきました。
 その三陸国道の維持管理を行い、将来のより効率的な道路網体系を調査計画しているのが三陸国道事務所です。道を守り育てることを通して、人々の心をつなぎ、潤いのある豊かな地域づくりに貢献しています。

事務所情報