本文の文字の大きさ

新庄酒田道路(戸沢〜立川)

計画検討に関する第1回アンケート調査

新庄酒田道路の計画に向けてみなさまのご意見をお聞かせください

 新庄酒田道路は、新庄市から酒田市に至る延長約50キロメートルの地域高規格道路です。
 今回のアンケートは、戸沢村〜庄内町間の道路整備の計画検討にあたり、皆様のご意見を伺うものです。
 アンケートの結果は、今後の新庄酒田道路の計画の推進に役立ててまいります。
 また、結果につきましては、集計してホームページ等で公表させていただきます。  なおご意見は統計的に処理し、住所・氏名や個人の意見等が特定されることはございません。

拡大画像を表示する

・・・・・アンケートへの回答はこちら・・・・・

アンケートに答える

※Google Chromeでのアンケート回答を推奨いたします。

※本アンケートでお答えいただいた意見及び個人情報は、他の目的で利用したり、第三者に利用させたりすることは一切いたしません。

国道47号の戸沢〜立川間における課題

1.走行の安全性と快適性が低下

  • 対象区間は、国道47号のなかでも死傷事故の発生割合が高く、幅員が狭いため、「正面衝突」や「すれ違い時」など対向車との事故が多くなっています。
  • 冬期は地吹雪や路面凍結、堆雪により、更に走行環境が悪化しています。
  • 庄内地域〜最上地域間の通勤通学では、冬期は速度低下により時間が読めず、不安な状況です。
 

出典)H26-H29交通事故データ ※冬期:12〜2月、通常期:3〜11月
出典)H31通勤利用者へのアンケート調査結果より

2.通行止め時の影響が大きく物流に不安

  • 国道47号では、大雨や大雪、交通事故などによる全面通行止めが多発しています。
  • 対象区間は迂回路がないため、通行止め時には時間にして約2倍もの迂回が必要です。
  • 通行止め時には、原材料の確保ができなくなる、日持ちしない製品の鮮度が保てず廃棄処分となるなど、事業活動への影響が発生しています。

出典)平成27年度道路交通センサス
※昼間12時間平均速度より所要時間(上下平均)を算出

3.移動時間が長く周遊観光に不便

  • 最上地域・庄内地域への観光客数は近年減少傾向であり、周遊観光の促進のため、両地域をめぐるスタンプラリーなどが実施されています。
  • 広域的な周遊観光に対応するため、速達性と定時性が求められています。

出典)山形県観光者数調査
出典)庄内観光コンベンション協会提供資料

4.患者の安静搬送に支障

  • 最上地域は人口当たりの医師数が県内で最も少なく、地域内で対応困難な場合(心疾患等)は、庄内地域の日本海総合病院や村山地域の病院へ転院搬送されています。
  • 対象区間はカーブが多く、患者の容態悪化を防ぐため、スピードを出すことができません。

出典)医療施設の従事者:平成28年医師・歯科医師・薬剤師調査、人口:平成27年国勢調査より算出
出典)最上広域市町村圏事務組合消防本部提供データより
※H26〜H30の5年間での合計件数

・・・・・アンケートへの回答はこちら・・・・・

アンケートに答える

※Google Chromeでのアンケート回答を推奨いたします。

※本アンケートでお答えいただいた意見及び個人情報は、他の目的で利用したり、第三者に利用させたりすることは一切いたしません。