本文の文字の大きさ

おさかな百科

カワヤツメ

カワヤツメ

全長50cm程にもなる大型のヤツメウナギ。顎を持たない原始的な魚で、数年間海で暮らした後河川に遡上し、春から夏に産卵する。幼生は秋から冬に変態し 春に海へと向かう。ビタミンAが豊富な機能性食品で、昔から夜盲症の特効薬として珍重されてきた。エラ穴が7対あるため8つ目に見える。