本文の文字の大きさ

おさかな百科

カマツカ

カマツカ

岩手、山形県以南の本州、四国、九州に分布し、湖沼や河川中下流の砂泥底に棲息する。名前の由来は姿が鎌の柄に似ていることから。全長は10〜20cm程 で雑食性。口を前に突き出すようにして、底生生物を砂泥と一緒に口から吸い込み、必要な物だけ口に残しエラから砂泥だけを吐き出す。