本文の文字の大きさ

おさかな百科

ゲンゴロウフナ

ゲンゴロウフナ

ヘラブナの愛称で親しまれている、琵琶湖原産のフナ。河川下流域の淀みに棲息しているが、日本のフナの中では最も体高が高く、平たい。植物プランクトンを 主食とし、銀白色で全長50cm程まで成長する。産卵期は4〜6月で、雨で増水した時に岸近くの水面に浮かんだゴミや水草に産卵する。