本文の文字の大きさ

おさかな百科

アブラハヤ

アブラハヤ

琵琶湖淀川水系以東の本州で、湖沼や河川の上中流に分布し、流れの緩い物陰に群れて棲息する。粘液の分泌が多いため、触るとヌルヌルすることから「油ハ ヤ」と名づけられたと言われる。体側には不規則な暗色の斑点が散在している。雑食性でかなりの貪食であり、全長13cm程までになる。