本文の文字の大きさ

大規模水害に備えた減災対策協議会

最上川下流・赤川大規模氾濫時の減災対策協議会

 平成27年9月関東・東北豪雨をうけて、氾濫が発生することを前提として社会全体で常に洪水に備える「水防災意識社会」の再構築を目的に「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づき河川管理者、県、市町村等が減災のための目標を共有し、ハード対策とソフト対策を一体的、計画的に進めるために「大規模水害に備えた減災対策協議会」を設立しました。


最上川・赤川流域の減災対策に係る取組方針