本文の文字の大きさ

最上川の概要

最上川は、その源を山形、福島県境の西吾妻山(標高2,035m)に発し、米沢盆地を北上した後、置賜白川等の支川を合流し、山形盆地で須川、寒河江川等を合流し、さらに北上を続け丹生川、最上小国川等、大小支川を合流した後、新庄盆地に入り、流路を北西に変え、鮭川を合流して最上峡を抜け、穀倉庄内平野を貫流し、酒田市において日本海に注いでいます。最上川の幹川流路延長は229km、流域面積は7,040km²(うち庄内地域は、幹川流路延長31km、流域面積531km²)の一級河川です。

酒田河川国道事務所は、この最上川の下流部(37km)の改修と管理を担当しています。

河川名の由来
 最上川の呼び名については、アイヌ語で「毛賀美」と書き「珍しい岩石の多いところ」という説がある。一方で、庄内平野から上がってきたところが最上峡であり、ここがモモ(崖)の地であり、モモがママ(崖)であり「モモ」の上(カミ)にある広い盆地が「モモカミ」の地であって、この約化されたのが「最上」であるという説とがある。

改修の経緯

年次 事項
明治17年〜36年 国直轄による航路改良を目的とした低水工事(大石田〜河口)を施工。
大正6年9月 直轄改修工事に着手。当初計画流量決定。
大正10年〜昭和7年 最上川河口を酒田港と分離する河海分離工事。
昭和24年 第1次流量改定。赤川は最上川から完全に切り離す計画変更。
昭和28年6月 支川赤川を最上川から完全分離(赤川放水路通水は昭和11年)。
昭和38年 第2次流量改定。
昭和39年6月16日 新潟地震により堤防被害。
昭和40年4月1日 工事実施基本計画決定(一級河川指定)。
昭和42年8月28日 羽越豪雨。
昭和46年〜50年 支川相沢川捷水路(ショートカット)工事。
昭和46年〜55年 白川ダム建設。
昭和47年〜平成2年 寒河江ダム建設。
昭和49年4月1日 第3次流量改定(現計画)。
昭和50年〜平成9年 大久保遊水地建設。
昭和59年〜 長井ダム建設。
平成元年〜7年 最上川さみだれ大堰建設。

最上川流域図

最上川流域図