TOP登録ルート紹介みちのくおとぎ街道

登録ルート紹介

写真をクリックすると拡大します。

みちのくおとぎ街道

ルート概要

 「みちのくおとぎ街道」は、国道113号の山形県南陽市から宮城県白石市までの二市二町を通る区間をルートとしています。このエリアは童話作家の誕生の地や民話「鶴の恩返し」発祥の地などを有する、数々の民話の宝庫です。また、雄大な自然資源に恵まれているほか、江戸の賑わいや昭和の面影が息づく歴史街道でもあります。はじめて通るのに“ふと懐かしくなる”みちのくおとぎ街道は、そんな忘れかけていた小さい頃の記憶を思い起こさせてくれる道でもあります。

ルート位置図

ルート位置図

ルート沿線の地域資源のご紹介

【観る】白石城
白石城 片倉氏が居城した城で、日本古来の建築様式に基づいて復元された木造三層櫓の天守閣からは市街が一望できます。

【観る】熊野大社
熊野大社 日本三熊野の一つで、再建千二百年の歴史を誇ります。 御神体をお祀りする本殿裏側の彫刻には、うさぎが三羽隠し彫りされており見つけると「願い事が叶う」と言い伝えられています。

【観る】材木岩公園
材木岩公園 国指定天然記念物であり、高さ65m、幅100mにわたって大きな角材を立て並べたように巨岩が連なっています。

【観る】滑津なめつ大滝
滑津大滝 高さ約10m、幅約30mという白石川上流部の名瀑で、その形状から「二段滝」とも呼ばれています。

【観る】浜田広介記念館
浜田広介記念館 代表作「泣いた赤おに」で知られる浜田広介は、郷土の生んだ童話作家です。直筆原稿などさまざまな展示があり、ひろすけ童話の世界にたっぷりひたれます。

【聴く】夕鶴の里
夕鶴の里 民話をテーマとした資料館。語り部が話す民話を聞くこともできます。

【参拝する】安久津あくつ八幡神社
安久津八幡神社 高畠町のシンボル。歴史公園内にあり、春〜秋にかけてたくさんの家族連れで賑わいます。

ルートの魅力を向上させるための取り組み

おとぎ話いろいろ
おとぎ話いろいろ
▲鶴の恩返しの物語 泣いた赤おにの物語 振袖地蔵の物語 白石女敵討の物語 ...etc

研修会の開催
研修会の開催
▲ルート上の観光資源を掘り起こし魅力向上に努めました。【南陽市】熊野大社境内

びゅうばす「みちのくおとぎ街道を巡る縁結び号」
びゅうばす「みちのくおとぎ街道を巡る縁結び号」
▲研修会の開催によりルート決定、バスツアーの催行が可能になりました。
http://www.113otogi.com/campaign.html

スタンプラリーの開催
スタンプラリーの開催
▲おとぎ街道を使って、スタンプラリーを実施。今年は1500通を超える応募をいただきました。

ホームページのリニューアル(H25.7)
ホームページのリニューアル(H25.7)
▲ドライブのしやすさを考慮したページにリニューアル。どんどんドライブしてください。
http://www.113otogi.com/