○国道4号将監交差点(仙台市泉区)の立体化により渋滞が解消。

 交差点部の通過時間が5分から1分に短縮。
 CO2排出量が年間約78t削減(整備前の約7割削減)、NOx排出量が年間約0.6t削減(整備前の約7割削減)

○朝ピーク時(7時〜9時)の旅行速度向上:右折車 3q/h ⇒ 13q/h



図 国道4号将監交差点の立体化による朝ピーク時上り方向の渋滞状況の変化



戻る